デジタルサイネージワールド

液晶やLEDモニターのサイネージ活用法、システムや配信コンテンツ、設置事例も網羅するデジタルサイネージの総合ブログ。

大阪/貝塚市のCOOP貝塚店様にショーウインドウ越し外向けのデジタルサイネージを設置

まぁ、あのぉ~。


デジタルサイネージのメリットとして
ひとつ言えるのは


「ポスターや貼り紙では実現できない
 コンテンツ変更のスピード感」


だと思うんよねぇ~❣


更に動きをもたせて
人の目につきやすくもできるし。


…ということで今回お伺いしたのは
大阪府貝塚市のスーパー


コープ貝塚店さん✨


f:id:yamato-mitsumoto:20220111071653j:plain
www.izumi.coop


打ち合わせに行ったのは昨年の9月
下の写真の赤枠あたりに


ガラス越しの外向けサイネージを
ご提案させていただきました。


f:id:yamato-mitsumoto:20220111071048j:plain
※ご担当の植村さん、ありがとうございました❣


このような場合は基本的に
アンカー式スタンドを用います。


まずは床面にアンカー用の穴を開けて…


f:id:yamato-mitsumoto:20220111072000j:plain

f:id:yamato-mitsumoto:20220111072022j:plain


その穴とスタンド底面の穴を合わせて
アンカーボルトで倒れないように固定します。


f:id:yamato-mitsumoto:20220111072128j:plain


ディスプレイの本体背面に
スタンドに引っ掛けるためのステーを取り付け


f:id:yamato-mitsumoto:20220111072634j:plain


これを合体させるとこんな感じになります!❣


f:id:yamato-mitsumoto:20220111072700j:plain


日当たりの良いショーウインドウなので
とにかく超明るいディスプレイじゃないと


日中は暗くて見えにくくなるので…


ご用意したサイネージディスプレイは
55インチの高輝度MAX3000カンデラモデル☀


f:id:yamato-mitsumoto:20220111073000j:plain


これで昼間の利用客さんたちにも
効果的なセールスプロモーションが行なえます。


ただね…あまり明るい画面だと
夜間は眩しすぎる、ってことがネック。


なので今回のポイントは
輝度センサーの装備だったんよ!


自動車のオートライトって
夜になったら勝手に点くじゃん?


あれと同じような原理で周りの明るさに応じて
画面の明るさも変わる❤


👇こんな感じよ



ってな感じで、屋外設置やこのような
ショーウインドウ越しのサイネージには


「輝度センサー」
これの装備がおすすめです。


Twitterでも色々つぶやきます。
フォローお願いします~🙏
twitter.com


では、また。