デジタルサイネージワールド

液晶やLEDモニターのサイネージ活用法、システムや配信コンテンツ、設置事例も網羅するデジタルサイネージの総合ブログ。

屋外液晶サイネージの弱点!「ブラックアウト現象」とは?


まぁ、あのぉ~。


オリンピックはいよいよ最終日
となってしまいましたが…


選手の皆さんにはこの酷暑の中
本当にアリガトウと言いたい!


でね、問題はやはりこの日本の夏
「高温多湿」って部分。


陸上の長距離では
棄権する選手もちらほら…(汗


やっぱりここまで暑かったら
かなりの対策をしていても、


人間、パンクしてしまう
ということがよくわかった。


まぁ人間は自分で考えてヤバいなぁ~と感じたら、
棄権したり休んだりできるんだけれども…


屋外サイネージはどんな過酷な状況でも
動くことをやめたりできない(汗


その結果がこの始末👇


f:id:yamato-mitsumoto:20210808171312p:plain


わかる?画面中央が真っ黒くなって
まるでブラックホールみたいになってら。


f:id:yamato-mitsumoto:20210808171457j:plain


この現象は液晶の
「ブラックアウト」と言って、


機械が超高温に熱せられたことで生じる
言わばパンク状態のこと。


屋外に液晶サイネージを置く場合は
もちろん対策をするんだけど、


こちらに設置したものは通常の👇


✅クーラーをインストールして冷却
✅ファン(換気扇)で内部の空気を循環冷却


の方式ではなくて「ヒートシンク」
という技術を採用した冷却方法。


ただ、こう暑いと
ダメな場合もあるんよねぇ~👊


ちなみにこのブラックアウトは
液晶のリキッドが冷めると解消します。


通常は内部温度が70℃くらいまでは
ブラックアウトが発生しないし、


そうならないために
冷却装置を入れているんだけども…


機械がダメなのかそれとも
異常な暑さがダメなのか!!


困ったなぁ~、ってことで
直射日光棒棒の場所には、


ヒートシンクではなく
クーラーかファンの冷却しかねぇな。


と、教えていただきました。


ただ、それでもブラックアウトの危険性は
排除できません。


酷暑の場合はそのようなリスクが有ることを
予め理解しておいてください。
※要はブラックアウトの原因は100%機械のせいではないってこと。


お客様にはご迷惑をおかけしますが
すぐに対応させていただきます!


ということで、


では、また。