デジタルサイネージワールド

液晶やLEDモニターのサイネージ活用法、システムや配信コンテンツ、設置事例も網羅するデジタルサイネージの総合ブログ。

マルチサイネージを構成する部品①専用薄ベゼルディスプレイ


まぁ、あのぉ〜。


マルチサイネージをお考えの方に!
シリーズ化でお伝えします。


f:id:yamato-mitsumoto:20210802183009j:plain
※マルチサイネージとは液晶を畳のように何枚も連ねたもの!


まずは、
「マルチサイネージを構成する部品」シリーズ。
※全6回


今日はメインの部品と言える
「専用薄ベゼルディスプレイ」について。


マルチ専用ディスプレイの特徴は
液晶のベゼル(枠)を極端に薄くして、


結合部にできるラインを細くすることで
見た目の違和感を和らげることです。


f:id:yamato-mitsumoto:20210802190102j:plain


ウチの場合は1面当たりのインチサイズを
複数ラインナップしています。


f:id:yamato-mitsumoto:20210802184312p:plain


✅46インチ(2Kのみ)→参考価格:268,000円
✅49インチ(2Kのみ)→参考価格:260,000円
✅55インチ(2Kのみ)→参考価格:288,000円
✅65インチ(4Kのみ)→参考価格:568,000円
※結合部3.5mmベゼルの場合※価格は税別


の4サイズをご用意❣
価格(2021年8月現在)も記載していますが、


以下のようなポイントが挙げられます。


1)46インチよりも49インチの方が安い

普通はサイズが大きい方が高いというイメージですが、マルチ専用ディスプレイの場合46インチはあまり選ばれない(ニッチな)サイズであるため大量に生産をしない傾向にあるため、在庫が少なく価格にも影響している。


2)55インチ以下は金額にそれほどの開きがない

マルチサイネージを組む際に最も用いられるサイズは55インチ。ポピュラーゆえに生産台数も在庫も豊富にあり、低価格を実現している。


3)65インチはその他と比べて倍の価格になる

46インチ-55インチまでのモデルは2K(フルハイビジョン=解像度1920*1080)となるが、65インチのみ4K(解像度3840*2160)となり一気に値段が跳ね上がる。


このような事情から特に絶対の制約がない限り
ディスプレイは55インチがベターと言えるでしょう。


ベゼル幅については全ラインナップが
合計場3.5mmとなっていますが、


f:id:yamato-mitsumoto:20210802191951j:plain


最もよく使われる55インチのみ
0.9mmと1.8mmの極細ベゼルも用意しています。


ただ、ベゼルというものは
本来液晶へのダメージを保護するもの。
※人間で言う衣服みたいなものです!


なのでベゼルを極限まで薄くするということは
それなりのダメージリスクがあると思ってください!


f:id:yamato-mitsumoto:20210802192633j:plain


仮に3.5mmより薄いベゼルを選んでも…


✅見た目はそれほどの違いを感じない
✅価格が一気に上乗せされる
  ※生産に高等技術が必要&製造リスクが高いため


という正直な現実があるので、私は…
絶対に3.5mmベゼルをおすすめしたいです!


ディスプレイの輝度(明るさ)は
テレビより少し明るめの500cd(カンデラ)が標準です。


ショーウインドウ越しに屋外へ向けて設置するなど
自然光の影響をもろに受けるような場合は、


カスタマイズで1500cdに
チューンナップすることもできますが、


当然価格は高くなりますし
そのような場合は無理に液晶を使用せず、


LEDビジョンを代用するなど
他の方法を考えた方がよさそうです。


ってことで、


では、また。
※次回「マルチサイネージを構成する部品②壁掛け金具とスタンド」に続く。