デジタルサイネージワールド

液晶やLEDモニターのサイネージ活用法、システムや配信コンテンツ、設置事例も網羅するデジタルサイネージの総合ブログ。

大型マルチサイネージの設置方法❣


まぁ、あのぉ〜。


液晶ディスプレイを何枚も並べて
ひとつの大画面に仕立てる…


液晶マルチビジョン!!


f:id:yamato-mitsumoto:20210704164325j:plain

f:id:yamato-mitsumoto:20210704164020j:plain
※55インチを縦6×横6にした大型マルチ!


毎回様々な場所への設置ご要望を
いただいているんですが…


ご希望設置場所によって
その方法も考えないといけません。


まず大きな分岐点はこれ👇


✅壁面設置かスタンド設置か!


要するにすでにある壁面を利用するか
何もないところに新たに設置するか、って違い。


壁面の場合はブラケットを壁に取り付け
そこにディスプレイを引っ掛けていきます。


f:id:yamato-mitsumoto:20210704165529j:plain


ウチの場合は以後のメンテナンスを考え
「プッシュ式ブラケット」を推奨しています。


f:id:yamato-mitsumoto:20210704165658j:plain

f:id:yamato-mitsumoto:20210704165828j:plain
※プッシュすると画面が飛び出す仕組み!


まぁ、壊れなきゃこんなん必要ないけど…
機械だから「絶対」はないんでw


特に面数の多い場合は
絶対にこれにしておくべきなんよね。


ただ唯一のデメリットとしては
普通のブラケットより若干厚みが増すんよ(汗


なので、どうしても厚みを出したくない場合は
普通のブラケットを使用したり…


たまには造作することもあるんよ👇


f:id:yamato-mitsumoto:20210704170328j:plain

f:id:yamato-mitsumoto:20210704170352j:plain
※鉄骨を自作してディスプレイを引っ掛ける荒業!


壁面設置は重たさに耐えるため
壁の強度も必要になってくるので、


場合によってはコンパネ材などで
壁面補強が必要になってきます。


スタンド設置はねぇ〜
例えばだけど…


f:id:yamato-mitsumoto:20210704170947j:plain


このような場所に新たに設置したい時
ご案内していますよぉ〜。


f:id:yamato-mitsumoto:20210704171126j:plain

f:id:yamato-mitsumoto:20210704171259j:plain

f:id:yamato-mitsumoto:20210704171201j:plain
※床面に強固なアンカーを打ち付け固定する。


このスタンドは「ラック式」と言って
まるでタンスのような形状をしたもの。


f:id:yamato-mitsumoto:20210704173105j:plain
※案外デザイン性と機能性も良いW


スタンドの場合はこの方式がメインですが
場合によっては👇のような


f:id:yamato-mitsumoto:20210704171533j:plain

f:id:yamato-mitsumoto:20210704171545j:plain

f:id:yamato-mitsumoto:20210704171556j:plain


全体的にコンパクトに収まりがつく
薄型スタンドの用意もあります❣


4面くらいまでが限度だけど…
移動式なんてのもあるよ👇


f:id:yamato-mitsumoto:20210704173351j:plain
※キャスター付きで移動も可能!


ってな感じで、設置場所と用途に応じた
マルチサイネージ設置法があります。


設置方法はご自身で考えられるのも良し❣
ミツに相談するも良し💗(それが一番不安💦)


では、また。