デジタルサイネージワールド

液晶やLEDモニターのサイネージ活用法、システムや配信コンテンツ、設置事例も網羅するデジタルサイネージの総合ブログ。

伸縮式ブラケットでサイネージの「壁面ツライチ!」設置💗


まぁ、あのぉ〜。


好みは人それぞれ、だと思うんですが
やっぱねぇ〜


「壁面ツライチ仕様」
ってのはこっちも緊張するよねぇ〜(汗


通常のサイネージ壁掛け設置ってのは
👇の写真のようにね、


f:id:yamato-mitsumoto:20210628224346j:plain

f:id:yamato-mitsumoto:20210628224602j:plain


フラットな壁面に
ディスプレイを付けていくの。


要するに、べコッと出っ張るのよ。


この方法はねぇ、俺らからしたら
あんまり気を使わくていいから楽なのよw


逆に「ツライチ」ってのは
チョー気を使うんよねぇ〜(泣)


f:id:yamato-mitsumoto:20210628225239j:plain
※「ツライチ」とは壁面とディスプレイ面がフラットになること。


これをやるにはまず
ディスプレイの縦横の長さに加え、


奥行きも計算して、さらには…


それプラス若干の余裕を持たせて
広め、深めに壁面へ穴を開けていくの。


つまり、バチバチに穴を作ってしまうと
メンテナンスができんようになるんよ。


あまり隙間があきすぎると
かなり不格好になるし…その塩梅が難しいのよ。


例えば渋谷パルコさんの
設置事例でご紹介するとですねぇ〜👇


f:id:yamato-mitsumoto:20210628225707j:plain


このようにあらかじめ
壁面をへこませておいて…


そこにブラケットを打っていく。


f:id:yamato-mitsumoto:20210628225836j:plain

f:id:yamato-mitsumoto:20210628225846j:plain


後で説明するけど
「伸縮式」のブラケット!


「ツライチ」の場合はメンテナンスを考え
「伸縮式」を使うのが鉄則!


大型マルチも単体ディスプレイも…


f:id:yamato-mitsumoto:20210628230950j:plain

f:id:yamato-mitsumoto:20210628231000j:plain


穴の広さは四方とも
15mm程度余裕を持たせてやる。


こうすることで指先を
そのスペースに入れることができて…


メンテナンスが
非常にしやすくなるんよぉ〜💗


「伸縮式ブラケット」は
引っ込めた時は壁面とフラット!


メンテしたい時は…
指を入れて引っ張る!!!


f:id:yamato-mitsumoto:20210628231319j:plain

f:id:yamato-mitsumoto:20210628231332j:plain


どうですかぁ〜!?


まぁね〜、「ツライチ」は
確かにスマートで洗練されたイメージだけど…


f:id:yamato-mitsumoto:20210628231552j:plain

f:id:yamato-mitsumoto:20210628231601j:plain


悩んだら、できれば…
「ツライチ」じゃない方でタノマスwww
※どうしても「ツライチ」ってときはやりますw


ってな感じで、


では、また。