デジタルサイネージワールド

液晶やLEDモニターのサイネージ活用法、システムや配信コンテンツ、設置事例も網羅するデジタルサイネージの総合ブログ。

LEDビジョン設置の前に知っておきたい「ピッチ」のお話❣


まぁ、あのぉ〜。


ビルの屋上とかにサイネージを設置する場合に
良く用いられるのが…


f:id:yamato-mitsumoto:20210623221517j:plain


LEDビジョン❣


LEDの特徴は…


✅輝度が高い(超明るい)
✅反射がほとんど起こらない


ということが挙げられます。
なので昼間の太陽光に照らされても、


視認性を確保できる✨
要は見えやすい💗ってことが言えるんよ。


ただ「特徴」っても
いいことばかりじゃなくてね、


ダメな特徴もあるの(汗
それはね…


解像度が粗い💦


これはLEDを設置するうえで
必ず覚えておきたいデメリット。


ただね、LEDには「ピッチ幅」
という考え方があって、


例えば1.9ミリとか3.9ミリとか
10ミリとか…


f:id:yamato-mitsumoto:20210623222650j:plain


この粒と粒の間隔を
狭めたり広げたり、ってことなんよね。


当然狭ければ綺麗に見えるし
※と言っても液晶よりはかなり粗い
広げれば鮮明さは薄れていく。


でもね!
これはあくまで近くで見た時のハナシ。


例えばですねぇ同じ距離から見た時の
ピッチによる見え方の比較です👇


■5ミリピッチ
f:id:yamato-mitsumoto:20210623223146j:plain


■6ミリピッチ
f:id:yamato-mitsumoto:20210623223338j:plain


■8ミリピッチ
f:id:yamato-mitsumoto:20210623223349j:plain


■10ミリピッチ
f:id:yamato-mitsumoto:20210623223411j:plain


間隔が広がるほど
画像が粗くなってくよねぇ。


ただね、じゃぁ一定の距離まで
離れて見るとどうよ?


f:id:yamato-mitsumoto:20210623223543j:plain


左から5→6→8→10ミリという
並びにしてるんだけど、


言うほど見え方が変わらないよねぇwww


今日伝えたいのは要するに
LEDビジョンの場合って、


見る人との位置関係が
遠ければ遠いほど、


ピッチは広いもので大丈夫!
ってことなんよ。


一般的に粒の密度が高い
狭ピッチのものは高額になるので、


例えば最初の写真のような
ビルの屋上とかだと、


至近距離でそれを見る人なんて
おらんじゃんw


だから狭いピッチを選んでも
全く意味のないことなんよ。


逆にね…こんな場合👇


f:id:yamato-mitsumoto:20210623224316j:plain


見る人との位置関係が近い時
この場合は広いピッチだと違和感がある。


だから値段重視で10ミリピッチとかを選ぶと
後悔することになりかねない!


ちなみにですがLEDビジョンは
各ピッチにおける、


「最低適正視認距離」
というものがあります。


これは大体どのくらい離れて見れば
映像の粗さが気になりにくいか、という指数です。


✅4mmピッチ→約4.4メートル
✅6mmピッチ→約6.6メートル
✅10mmピッチ→約11メートル


というように「それぞれのピッチ幅×1100mm」
で算出できます。


ってな感じで今日はピッチのお話
覚えておいて損はないかも❣


では、また。