デジタルサイネージワールド

液晶やLEDモニターのサイネージ活用法、システムや配信コンテンツ、設置事例も網羅するデジタルサイネージの総合ブログ。

屋内サイネージを半屋外で使うということ


あのー。


「半屋外」ってわかりますぅ?
雨のかからない屋外というかなんというか。


f:id:yamato-mitsumoto:20210105205637j:plain


要は商店街のアーケード下とか
ホテルの屋根付きエントランスとかね。


こういう場所はまず雨の心配がない。
なのでサイネージに防水機能は必要ないの。


ってことはですね


屋内用のサイネージでも
置けるっちゃー置けるってことなんよ。


ただ屋内に比べると
自然光の影響が大きいから…


いくら日陰でも輝度500カンデラ程度の
屋内用サイネージじゃ昼間はちょっと暗い。


外用サイネージは高輝度で
昼間でも見えやすいけど…


でもねー


やっぱり値段が高いのがネック。
予算は極力抑えたい。


今回はそんなご要望にお応えした事例です。
岡山市の表町商店街にある「多幸千」さん。


本来ならあまりお勧めしませんが
知恵を絞りだして〜


■アーケード下
■雨はかからない
■時間帯により直射日光の影響若干あり
■予算10万円以内


このような条件のもと
導き出した答えは…


32インチサイネージディスプレイと
スタンドのセット!


f:id:yamato-mitsumoto:20210105210211j:plain


まぁ昼間はちょっと暗く感じるんだけど
それを補う(?)コンテンツを工夫しました💗


地元感満載の・・・


👇クリックして見てw


こっりゃぁーもうパリフワで
めっちゃえーっすわぁ〜


暗くて若干見えづらいなら
音声をちょっとおもろい感じにして


興味をそそらせる戦法w


ってな感じで低予算でも
なんとかなるかもしれません〜。


では、また。