デジタルサイネージワールド

液晶やLEDモニターのサイネージ活用法、システムや配信コンテンツ、設置事例も網羅するデジタルサイネージの総合ブログ。

LGサイネージディスプレイ「43SM5KB-B」を縦画面で正しく表示する方法

f:id:yamato-mitsumoto:20201017130258j:plain


あのー。


ヤマサイではレンタル用に
LGのサイネージを使ってるんだけど


もう何年も使っている
ベテラン級のものがあります。


LGの「43SM5KB-B」ってやつです。


旧モデルのため本体に
画面の回転機能がありません。


これはどういうことかといいますと…
要は横画面仕様ってことです。


f:id:yamato-mitsumoto:20201017131710j:plain


なので上の写真のように縦置きすると
メニュー画面は回転してる状態。


基本「横で使ってね!」
って機種なんですよねぇ〜(汗


最近のものはディスプレイ自体に
回転の機能があって


縦置きした場合は縦置き設定ができて
スゲー便利なんだけど


昔のものは回転機能がない。


こんな場合どうやって
映像を縦画面表示するのかって話。


一発回答するとですね
画面側に回転機能がないなら


映像側を回転させろ!
ってこと。


では実際にやってみますねぇ〜💗


あ、今日は2枚の静止画を
USBでループプレイしてみます。


たとえば飯塚の今昔物語。
昔と今の飯塚をスライドさせてみます。


この2枚の画像データ👇
f:id:yamato-mitsumoto:20201017133114j:plain


おっとその前に注意点があります。


まずひとつめ、映像データの解像度は
横が1080ピクセル、縦は1920にしてください。


これはディスプレイ側の解像度がフルハイビジョン
すなわち1080×1920までしか対応しないためです。


解像度が大きすぎると再生しませんし、
小さすぎると黒いブランクが発生します。


解像度が低すぎるとこうなる👇
f:id:yamato-mitsumoto:20201017133813j:plain


例えばポスターデータなんかを
流用する場合は解像度が合いません。


なのでデータの編集が必要となります。


PCに強い人はフォトショップとか
プロ御用達のソフトで加工すりゃいいけど


俺みたいなど素人は
どうやってるかっていうと…


フリーソフトで解像度だけ変更してますw
おすすめは「リサイズ超簡単!Pro」ってやつ。


詳しくはソフトの説明文を読んで
使ってみてください。


さて、もうひとつのポイントは
基本WindowsのPCでデータを落とし込んでください
ってこと。


画像編集はMacでもいいんだけど
Macから直でUSBにデータを保存すると


目に見えない「隠しファイル」が
勝手に保存されるケースが非常に多いんです。


サイネージ側はJPGとかMP4とか
画像・映像データしか読まないため


変な拡張子のファイルがあると
受付を拒否されてしまいます。


特にMacの場合はそれが「隠し」
ファイルだから余計にたちが悪いんよね。


ということで縦画面サイネージ用データを
USBに落とし込む場合は


✅解像度を横1080縦1920にする
✅WindowsPCからデータをUSBに保存する
✅サイネージ用の再生データ以外のファイルを保存しない


という約束を覚えておきましょう。
はい、ではいよいよ実践してみますね。


データは言われたとおり作りました。
USBに保存しました!


本体側のUSBポートにUSBをさしました!
再生ボタンを押しました!


いかに…



ありゃ!?


あ、もう一つのポイントを忘れていました…
そうなんです…


これって「横画面」を
無理やり縦設置したんだった。


だから横画面で見た時に
映像が縦に表示されるってことね。


なのでデータの方を
回転させないといけません!


さっきは頭が上のデータを保存してました👇
f:id:yamato-mitsumoto:20201017142416p:plain


これが悪の根源だったんすね。


なのでデータを90度回転させ
USBに保存してみます。


こういうことね👇
f:id:yamato-mitsumoto:20201017142431p:plain


では、やってみます!



Come on!!


つーことで最後のポイント!


✅データを回転させてからUSBに保存


LGの旧型サイネージに限らず
現行モデルの他メーカーサイネージでも


画面の回転機能がないものは


同じような対策をすることで
正しい画面表示することができます。


では、また。