デジタルサイネージワールド

液晶やLEDモニターのサイネージ活用法、システムや配信コンテンツ、設置事例も網羅するデジタルサイネージの総合ブログ。

ショウウィンドウ越しのサイネージを考える

f:id:yamato-mitsumoto:20201012210452j:plain
新日本プロレスリング


あのー。


プロレスは八百長!
ブック(台本)を演じてるだけ!


なんて声を聞くことも少なくない。
でも俺にとっちゃそんなことは…


どうでもいいんです!


ショウビジネス最強のコンテンツ。
それはプロレス(かも)!!!


つーことで
「見せる・魅せる」という点で


お店のショウウィンドウのレイアウト
とても大切ですね。


最近はガラス越しにサイネージを設置したい
なんてお問い合わせをよくいただきます。


f:id:yamato-mitsumoto:20201012211229j:plain


写真はショッピングモール内のショウウィンドウに
液晶を設置した例です。


モール内などの屋内すなわち
直射日光を受けない場合は


通常の液晶サイネージで
見え方も十分です。


厄介なのは路面店ですね。
特に日中直射日光を受ける場合。


直射日光を受ける場合って…


普通のディスプレイだと
かなり見え方が悪いんです。


経験ないスか?外でスマホ見た時
すんげ―見えにくかったこと。


中で見たらこうなのに…
f:id:yamato-mitsumoto:20201012212328j:plain


外に出たらこんな感じ…
f:id:yamato-mitsumoto:20201012212357j:plain


これは周りの明るさに
スマホの発光力が負けているから


暗く見えてしまうんすね。


だから輝度って言うんだけど


ディスプレイのバックライトを
最強にして発光力を増してやるんです。


ちなみに👇
f:id:yamato-mitsumoto:20201012212921j:plain


左はテレビくらいの明るさ
右はサイネージ専用に明るさを増したもの。


このくらい見え方が違うんです。


👇が明るさマシマシで路面店につけた例
f:id:yamato-mitsumoto:20201012211813j:plain


ただねー、ガラスの反射がね
気になるんよねぇ〜(汗


一般的にウィンドウを隔てて
外向き設置する場合は


極力ガラス面に近づけてやる方が
見え方がいいんです。


多分光の屈折とかの関係で
そうなんだと思う(知らんけど汗)。


なのである程度の反射は
仕方ないと割り切るしかないんです。


じゃあほかにどんな方法があるの?
って話なんだけど


例えばガラス越しの場合って
LEDもアリだと思うんよね。


LEDって液晶との圧倒的な違いがあって
液晶と比較して…


✅圧倒的な発光力
✅反射しない


ってことが言えるんです。


ただ、ガラス越しの場合は
当然隔てたガラスの反射があるんだけど


その強い光で反射もあまり
感じなくなると思うんです。


👇を見れば歴然!左が液晶で右がLEDね。


更にはLEDの場合
スケルトンビジョンってのもあって


スケスケのちょっとセクシーなやつを
ガラス越しに設置してやれば


中の様子も少し見えちゃうし
お洒落さがあるよねぇ〜👇


あとたまに見るのは
プロジェクターを使ったもの👇


これは透過フィルムっていう
専用の部材をガラスに貼ったり


特殊なスプレーを噴射して
ガラス面をスクリーン化するんです。


ただしこれはほぼ夜間限定(汗
プロジェクター映像見るときって


カーテン閉めたり
電気暗くしたりするじゃないすか。


なので昼間は見えにくいってこと。
夜のお店なんかにはいいかもね。


てな感じでガラス越しのサイネージ
ちょっと考えてみました。


ショウウィンドウサイネージは
ガチのブックに基づき設置することが大切です。


それでは今日の〆!!


スケルトンビジョンで
まさかのハイフライフロー2連発!!


みなさぁーん!
愛してまぁぁーす!!


では、また。