デジタルサイネージワールド

液晶やLEDモニターのサイネージ活用法、システムや配信コンテンツ、設置事例も網羅するデジタルサイネージの総合ブログ。

屋内サイネージをとにかく安く仕上げる方法

f:id:yamato-mitsumoto:20201011144912j:plain


あのー。


こうゆー仕事してると
「とにかく低予算でサイネージ置きたい」


ってご依頼も結構もらうんです。
で、そん時には大体こう答えます。


「全部ネットで揃えたらかなり安いですよ!」
ってw


例えばサイネージ用ディスプレイは
いろんなメーカーが出していて


代表的なところはSHARPや東芝
三菱とか…


あとはLGやフィリップスなどの
外国メーカーも強いですね。


例えば👇みたいな43インチセットでよかったら…


f:id:yamato-mitsumoto:20201011132518j:plain


ネット価格
■43インチサイネージディスプレイ 6〜7万円
■イーゼルスタンド 2万円程度
【合計】10万円以下


ってところでしょうか。


でもねー、ここでポイントがあるの。
そもそも・・・


サイネージディスプレイって
   なんやねん!!


ってことなんだけど
俺的には単なるディスプレイなんよねぇ。


なんか「サイネージ」って難しそうだけど、
別に専用ディスプレイ使わんでもいいんよねぇ。


まぁ確かに専用品は時間割が組めたり
小難しい機能がついてたり


サイネージに特化した機能が
標準装備されているんだけど…


しかもそのシステムを使いたかったら
いちいちネットでユーザー登録しないといけないものや、


別で金払ってはじめてその機能を
使えたりするようなものも珍しくないw


正直動画のループ再生や
スライドのループだけでよかったら


必要ないポテンシャルを持ったサイネージを
不必要に高く買うだけである!


つーことで…


超激安でサイネージを設置する方法を
ご紹介していきます。


今回は超手軽にUSBで配信内容を
変更する場合を想定します。


まずはディスプレイ。


f:id:yamato-mitsumoto:20201011134210j:plain


一番合理的なのは今持ってるけど
使っていないテレビやPCディスプレイ。
※ただしHDMI 入力付きのものが好ましい


これなら仕入れコストゼロ。
新たに買うならこんなやつかなぁ〜👇


f:id:yamato-mitsumoto:20201011135606p:plain


43インチで40,000円以下
50インチでも50,000円以下で手に入る。


ただこれだけじゃ映像の再生ができないんで
次に再生用プレイヤーを選びます。


マジに安さを追求するなら
AndroidのドングルPCすね。


f:id:yamato-mitsumoto:20201011140122p:plain


そしてこの中に再生用アプリ
(スライドショーや動画再生のアプリ)
をインストールします。


大体アプリ側にスライドの秒数設定や、
ループ再生機能があるので困りません。


再生したいコンテンツはUSBに保存しておいて
ドングルPCにつなげばOKです。


あとは設置方法。


このような壁掛けの場合は👇
f:id:yamato-mitsumoto:20201011141203j:plain

壁掛け金具が必要👇
f:id:yamato-mitsumoto:20201011141451p:plain


卓上に置く場合は👇
f:id:yamato-mitsumoto:20201011141539j:plain

卓上スタンド👇
f:id:yamato-mitsumoto:20201011141806p:plain


床置きの場合は👇
f:id:yamato-mitsumoto:20201011141953j:plain

イーゼルスタンド👇
f:id:yamato-mitsumoto:20201011143840p:plain


床置きの場合はイーゼル以外にも
いろんなスタンドがあるので


好きなタイプを探してみてください。


ただ、ネットで格安に揃えた場合の注意点は
以下のようなこととなるので抑えといて!


✅基本誰もサポートしてくれない
✅安いディスプレイは液晶保護されていない
 (衝撃に弱い)
✅組み立てとかも全部自分


ってことで、
ご理解いただけましたでしょーか?


では、また。