デジタルサイネージワールド

液晶やLEDモニターのサイネージ活用法、システムや配信コンテンツ、設置事例も網羅するデジタルサイネージの総合ブログ。

LEDビジョンの仕組み -初級編-

f:id:yamato-mitsumoto:20201011124032j:plain


あのー。


f:id:yamato-mitsumoto:20200522144839j:plain


深夜2時…


皆が寝静まった頃…
真っ赤な抜男(ヌクオ)は…


ジープに紐くくりつけて松の木をw


ではなくて社用車レジアスちゃんで
東京を出発します。


f:id:yamato-mitsumoto:20200522145016j:plain


7時間の納豆走法。
到着したのはウチの大阪倉庫です!


f:id:yamato-mitsumoto:20200522145309j:plain


ここの拠点は建設現場などで使用する、
主に屋外用のサイネージ部材を保管しています。


建設現場では今、「朝礼看板」に
ビジョンを組み込んで活用しています。


f:id:yamato-mitsumoto:20200522145632j:plain


こんな感じで朝礼会場に
ビジョンを設置して、


そのビジョンにiPadをミラーリングして
みんなと情報共有したり、


ラジオ体操のお手本流したり、
建設現場ICT化ってやつの一環です。


で!


今日は大阪倉庫のサンプルを使って
その仕組みを簡単にご紹介します。


建設現場だけでなく、ビルの屋上とかについてる
大型ビジョンもこれと同じ仕組みです。


まず、大型ビジョンはLEDモジュールの集合体である、
ということを知っておきましょう


大きなビジョンは下の写真のようなものを
つなぎ合わせてできています。


f:id:yamato-mitsumoto:20200522150411j:plain


これがLEDモジュールってやつで、
メーカーによりサイズはまちまちです。


なので超でかいビジョンだったら、
サイズの大きいモジュールにすれば、


使う枚数は少なくて済むし、
小さなものだとすげー枚数が必要ってことです。


このモジュールを好きな大きさに
並べていきます。


f:id:yamato-mitsumoto:20200522151912j:plain


今回はブラケット取り付けタイプです。
先に設置台を組んで、ペタペタ貼っていきました。


各モジュールはケーブルでつないで、
電気と映像信号を連動させます。


f:id:yamato-mitsumoto:20200522152314j:plain


LEDビジョンは好きな大きさにできるので、
大きくなればなるほど消費電力が上がります。


電力の供給は家電のように
コンセント一本とかではなくって…


専用の電源供給キット
みたいなものを使用します。


また画面比率もまちまちなので、
解像度調整を行う機材など


必要に応じて取り付けてやります。


映像配信用のプレーヤーは
基本的に何でも対応します。


例えばパソコンやHDDプレイヤー、
ゲーム機とか接続してやります。


f:id:yamato-mitsumoto:20200522153541j:plain


まーこんな感じです。


動画もテストしてみます。
👇をクリック



てな感じで、街中の大型ビジョン。
こんな仕組みで動いてるんです。


またね。