デジタルサイネージワールド

液晶やLEDモニターのサイネージ活用法、システムや配信コンテンツ、設置事例も網羅するデジタルサイネージの総合ブログ。

【初めてのサイネージ講座】第三回:サイネージ用ディスプレイの違い 液晶とLED


あのー。


結局これが一番の新型コロナ
対策なんじゃないかと、


行きついたのがコレ(汗


f:id:yamato-mitsumoto:20200508200700j:plain


ありがとうございます!


さて、昨日はデジタルサイネージを
構成する機器と、


ディスプレイには屋内用・屋外用がある。
ということをご説明しました。


まだ読んでない方はコチラ👇


digital-signage.hatenablog.jp


で、今日からは少々細かい部分に
触れていきたいと思います。


ディスプレイは屋内・屋外で
選別しないといけませんが、


もうひとつ重要な部分があります。
それは…


液晶かLEDか?
ということです。


今回は絶対に抑えておきたいポイントなので、
ブックマークをおすすめします。

【液晶ディスプレイとLEDディスプレイ】


 ディスプレイは屋内用、屋外用という区別のほかに、液晶とLEDという違いがあります。例えば「屋内用・液晶」とか「屋外用・LED」とか、このような組み合わせになります。 

①液晶ディスプレイ


 ご家庭に置いてあるテレビやPCモニター、スマートフォンの画面などが液晶ディスプレイです。テレビのような屋内で使う液晶ディスプレイの表面は、低反射素材が使用されており反射を抑える仕組みとなっています。また、フルハイビジョン(解像度1920×1080ピクセル)や4K(3840×2160ピクセル)など、とにかく高精細で綺麗な映像を映し出すことが可能です。


 屋外で使う場合は液晶面がむき出しだと防水性に何があるため、スマートフォンやタブレットのように強化ガラスで液晶面を保護します。防水性を持たせるのと衝撃から液晶を守る役目を果たします。余談ですがスマートフォンが表面ガラスを採用しているのはタッチ機能を持たせるためです。※詳しくは今後「タッチパネル」の記事でご説明します。


 液晶ディスプレイは背面からバックライトというもので光を発し、その光が液晶のカラーフィルターを通して映像を映し出します。懐中電灯で色付きのフィルムを照らしているような感覚です。

②LEDディスプレイ


 ビルの屋上やスタジアムにある大型ビジョンがLEDディスプレイです。液晶と同じ大きさで比較すると解像度は極端に悪いです。少し離れてもドット(ツブツブ)が確認できるほど解像度が悪いです。


 LEDはそのドット自体が光を出しています。一粒一粒が独立して強い光源として機能しているので、液晶より明るく見えることが特徴です。

【液晶とLEDの比較】


 それでは液晶とLEDを比較してその違いを説明します。

➀解像度の違い


 まずは下の写真を見てください。


f:id:yamato-mitsumoto:20200508205552j:plain


 左が液晶、右がLEDです。離れてみるとあまり違いはないような気がします。ではもう少し近づいて見ます。


■液晶
f:id:yamato-mitsumoto:20200508205904j:plain

■LED
f:id:yamato-mitsumoto:20200508205924j:plain


 液晶はくっきり見えているのに対してLEDはややぼんやり感じます。さらに近づいて見ます。


■液晶
f:id:yamato-mitsumoto:20200508210335j:plain

■LED
f:id:yamato-mitsumoto:20200508210356j:plain


 ここまで近づくとその違いがはっきり理解できます。なので見てほしい人が近くに居る場合は、液晶の方が綺麗に見えて良さそうな気がします。逆に何メートルか離れた人をメインターゲットとするなら、LEDでも問題ないということが分かります。

②輝度(明るさ)の違い


 こちらも下の写真を見てください。


f:id:yamato-mitsumoto:20200508211157j:plain 


 同じく左が液晶、右はLEDです。これは外の自然光を浴びた状態での比較です。明らかにLEDの方が明るいと感じます。詳しくは後日「輝度」についての記事で説明しますが、一般的に液晶よりもLEDの方が明るいです。太陽の下では液晶のバックライトが光源となると、太陽の光に負けてしまって暗く感じるんです。スマートフォンを外で見たときに暗く感じるのと同じです。


 LEDは先ほど説明したように、その粒ひとつひとつが光源となるため強い光で太陽光に負けない明るさが出せるということです。もっと離れてみると如実に違いが出てきます。


f:id:yamato-mitsumoto:20200508211853j:plain


 このくらい離れると、もはや液晶では何が映っているのかさえ分からなくなっています。この比較から判断できることは、屋外設置の場合、離れれば離れるほどLEDの方が視認性が良いということです。しかし解像度の違いを踏まえると、屋外であっても見る人が近くのときは輝度の高い液晶で考え、遠くの場合はLEDにする方が良さそうです。

➂反射


 設置した後に後悔しないよう、知っておきたいのが「反射」についてです。液晶面が低反射素材でできていたり、低反射の保護ガラスを使っていても結構気になるのが反射です。まずは低反射 VS LEDです。


f:id:yamato-mitsumoto:20200508214147j:plain


 左が低反射素材を使った液晶です。LEDと向かい合わせにすると、液晶にはLEDの映像が反射しているのが分かります。逆にLED側はほとんど反射していません。ちなみに屋外液晶は保護ガラスが必須と言いましたが、屋外の場合はもっとひどいです。


f:id:yamato-mitsumoto:20200508214634j:plain


 液晶は設置場所と太陽の位置関係によって、ほぼ鏡状態にしか見えないほど反射が強くなる時間帯があります。同じような条件でもLEDはほとんど反射を感じません。


【今日のまとめ】


 液晶とLEDの違いについて、いかがでしたでしょうか?デジタルサイネージの設置環境、そして見せたい人との位置関係によって液晶にするかLEDにするべきか、適切なものを選ばないといけません。


 ※次回に続く