デジタルサイネージワールド

液晶やLEDモニターのサイネージ活用法、システムや配信コンテンツ、設置事例も網羅するデジタルサイネージの総合ブログ。

【コンテンツ】サイネージ用コンテンツ編集ソフトとは何ぞや?


あのー。


スミマセン…
明日に続くとか言いつつ、


数日空いてしまいました。
全然ダメ!


ということで前回の続きです。
ローカルプレイヤーで、


デジタルサイネージの
コンテンツを配信する方法です。


今日はラーメンの広告風
コンテンツを流してみます。


f:id:yamato-mitsumoto:20200504201621j:plain


そうです、
マダムヤ〜ン💛です。
※最後に完成形の再生動画貼っつけてます!


まぁ、ローカルも
クラウドバージョンも、


ソフトの内容はたいして
変わらんのですが、


要するに端末まで行って
USBとかで更新するのがローカル。


ネットで情報を飛ばして、
楽するのがクラウドってことです。


色んなソフトがあるんですが、
今日は一例として、


Zmakerというソフトを使います。


どんなソフトでも基本は同じなので、
参考にしてください。


まずソフトを立ち上げ、
新規プレイリストを作成します。


f:id:yamato-mitsumoto:20200504202543j:plain


テンプレートが選べるので、
好きなものを選択します。


f:id:yamato-mitsumoto:20200504202827j:plain


今回は上半分が動画、
下はスライドショーにしてみます。


次に流す動画を選択します。


容量の許す限りは
何本でも入れてやることができますが、


今日は1本のみ注入します。


f:id:yamato-mitsumoto:20200504203125j:plain


次は下のスライド用データを
4枚ほど入れてみます。


f:id:yamato-mitsumoto:20200504203444j:plain


そしてスライドを何秒おきにするかと
切り替え効果を設定します。


f:id:yamato-mitsumoto:20200504203506j:plain


最後に再生が始まる時間と
終了する時間を入力します。


f:id:yamato-mitsumoto:20200504203635j:plain


ちなみにローカルの場合は
サイネージ本体の時計機能と連動します。


なので数か月たつと、
実際の時刻と狂う場合が多いので注意!


で、USBにデータをコピーして、
サイネージ本体にぶっ挿します!


すると…
※お願い再生してみて!



あらー💛


こんな感じでマダムヤ〜ンの
CMコンテンツが流れました!


全て自分でコンテンツ作るのも
楽しいんですが、


簡単に分割コンテンツを
作りたいときは、


編集ソフトを使うのも
時間短縮できてなかなかいいものです。


では、また。