デジタルサイネージワールド

液晶やLEDモニターのサイネージ活用法、システムや配信コンテンツ、設置事例も網羅するデジタルサイネージの総合ブログ。

【コロナ対策PARTⅡ】サイネージのクラウド更新とは?非接触型で感染リスクを減少


あのー。


今日のタイトルは
【コロナ対策PARTⅡ】です。


なんか「PARTⅡ」とか、
西部警察っぽいですが。


f:id:yamato-mitsumoto:20200417191653j:plain


そういやですなー、
小学生のころ近所でロケがあったんです。


そう、西部警察といえば…


f:id:yamato-mitsumoto:20200417195012p:plain


大爆発シーン!


これねー、ギャラリーは
相当離れさせられたのです。


離れないと危ないだからね。


コロナさんもね、
もしかしたら…


じゃなくって、
自分が感染してる前提で、


人にうつさないように
距離を取らなきゃね。


さて、最近はデジタルサイネージでも
コロナ注意喚起がされています。


サイネージのコロナコンテンツ管理は
主にこの2パターンです。




■スタンドアロン

f:id:yamato-mitsumoto:20200417200044j:plain

サイネージプレイヤーにUSB等のデータを
読み込みさせて更新

※要はサイネージまで行かなきゃダメ




■クラウド

f:id:yamato-mitsumoto:20200417202536p:plain

離れた位置からでもネット経由で
データの更新が可能

※要はサイネージまで行かなくても良い




あのねー。
言いたいのは…


スタンドアロンの場合は
そこまで行かなきゃ


映像の更新ができんのデス。


だからそこにたどり着くまで、
人との接触率が高くなるんです。


下手したらコロナ注意を促そうとしてるのに、
自分が感染するかもしれんのデス(汗


逆にクラウドは自宅勤務してても、
遠隔更新できるんです💛


ということで、
今この時期は絶対に、


クラウド更新よ!


で、イマイチよくわからん…って方に
ご説明します。


今回一例として取り上げるのは
こちらのクラウド配信STBです。
※STBとは「セット・トップ・ボックス」の略で、簡単に言うと通信機能を持ったプレーヤーのことです


f:id:yamato-mitsumoto:20200417202652j:plain


ハード側の接続をまず行います。
STBとディスプレイをHDMI接続します。


そしてWi-FiやLAN、LTEなどで
STBをネットにつなげます。


f:id:yamato-mitsumoto:20200417203708j:plain


次に管理側PCへ
編集ソフトをインストールします。


そして流したいデータを
ポンポン入れていきます!


f:id:yamato-mitsumoto:20200417205659j:plain


でー、更新データを
サーバーに飛ばしますよぉ。


f:id:yamato-mitsumoto:20200417210102j:plain


パソコンから飛ばしたデータは
サーバーに保存され、


STB側は毎分置きに
「新しいデータは来てますかぁ〜」と、


サーバーをチェックしに行きます。


で、新しい情報があったら
更新するってわけです。


f:id:yamato-mitsumoto:20200417211445j:plain


はい。


今日は割愛しましたが、
オンオフの時間設定や、


何時から何時まではこれを流す
というようなスケジュール管理も、


サーバー管理なので
時間どおりに動いてくれます。


さあこれでサイネージの管理者も
感染リスクが軽減します💛


コロナ問題も…


もんだいもん…


もんだ…だ、大門!


f:id:yamato-mitsumoto:20200417213218p:plain
西部警察 PartⅢ op - YouTube


スマセン…