デジタルサイネージワールド

液晶やLEDモニターのサイネージ活用法、システムや配信コンテンツ、設置事例も網羅するデジタルサイネージの総合ブログ。

【マルチ豆知識】マルチサイネージの設置方法


あのー。


例のなんたらウィルスのせいで
問い合わせの電話やメールが激減しています(汗


なので、やっとブログを書く時間が
確保できつつあるのです。


って言うか、それはあのー、
ただ自分に甘いだけ!


スマセン。。。


ということで、
今日はマルチビジョンの設置方法。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


【可動式スタンド】
f:id:yamato-mitsumoto:20200408201110j:plain


これは展示会などの
短期イベントにおすすめです。


マルチビジョンの中でも
組立が割と簡単で、


f:id:yamato-mitsumoto:20200408204117j:plain


コストが安く済むことと、


キャスター付きスタンドなので
ちょっとした移動も容易に行えること、


そのあたりがメリットと言えます。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


【壁掛ブラケット】
f:id:yamato-mitsumoto:20200408202312j:plain


壁面にスマートな設置をしたいなら
壁掛がおすすめです。


まずは専用の壁掛ブラケットを
壁面にアンカー打ちして、


f:id:yamato-mitsumoto:20200408202920j:plain


そこにディスプレイを掛けていきます。


企業の会議室や結婚式場、
スポーツバーなどへの設置が良いです。


もっとスマートさを求めるなら、
壁面ツライチ戦法です。


これはあらかじめ壁に穴を開けておきます。
そこに埋め込むような形で設置します。


f:id:yamato-mitsumoto:20200408204325j:plain

f:id:yamato-mitsumoto:20200408204411j:plain


こんな感じです。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


【ラック式スタンド】
f:id:yamato-mitsumoto:20200408212801j:plain

f:id:yamato-mitsumoto:20200408213902j:plain


自立させる場合はラック式のスタンドです。
床面にアンカー打ちして自立させます。


f:id:yamato-mitsumoto:20200408213509j:plain

f:id:yamato-mitsumoto:20200408213528j:plain

f:id:yamato-mitsumoto:20200408213540j:plain


こちらは壁面以外の場所、


例えばエントランススペース
等におすすめの設置方法です。


下部にはドアが付いていて、
中に収納スペースがあります。


f:id:yamato-mitsumoto:20200408214415j:plain


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


ってな感じで行動自粛中に
マルチビジョンのお勉強してみてください。


またね。