デジタルサイネージワールド

プロサイネージ師のミツが、日々のサイネージ事情をサラッとご紹介していきます。

【屋内用LEDビジョン】屋内用LEDビジョンで中西引退に思いを馳せる…


時計の針は寂しくも
その時を告げるために


歩みを止めることはありません…
2020.2.22


ニセンニジュウ
ニーテンニーニー。


野人・中西学
f:id:yamato-mitsumoto:20200216191248j:plain
https://www.njpw.co.jp/


引退試合!
あーあーーーー。


寂しいな、寂しすぎる(泣
ということで


最近使ってなかった屋内用の
LEDビジョンを引っ張り出してきて


ひとりで野人中西の
思い出にひたるのです。


f:id:yamato-mitsumoto:20200216195936j:plain


さて、このLEDビジョンは
屋内専用モデルです。


雨に濡らしたらいけません。


屋内モデルの特徴は、
屋外用に比べて明るさを抑えてあること


そしてピッチ(粒と粒の間隔)が
狭いことが挙げられます。


ビルの屋上などに
設置されている屋外用ビジョンは


f:id:yamato-mitsumoto:20200216200419j:plain


直射日光に負けない明るさが必要です。


ピッチは広めで4~10mm程度を
用いるのが一般的です。


f:id:yamato-mitsumoto:20200216204159j:plain


ピッチの広さを決定する際に
ポイントになるのが「最低適正視認距離」です。


これはビジョンから
最低どの程度離れて見れば


画像の粗さが気になりにくいか
という距離のことです。


計算方法は「ピッチの数字×1.1メートル」


例えば10mmピッチなら
約11メートル離れれば


粗さが気になりにくいんですね。


だからビルの屋上なんかは
広めのピッチでも問題ないんです。


屋内は…


結構近い位置から見るために
明るさは抑えめで狭いピッチを用いるんですね。


さて、今日引っ張り出してきたこのビジョン。
レンタル品は2サイズご用意しています。


細長い等身大のビジョン⇩
f:id:yamato-mitsumoto:20200216202445j:plain
※横でも使えます。


テレビに近い画面比率の
大型ビジョン⇩
f:id:yamato-mitsumoto:20200216202634j:plain
※縦でも使えます。


屋内サイネージは液晶が主流で
あらゆる場所に設置されています。


国内ではあまり導入例のない
屋内用LEDビジョン❤



見慣れない新鮮な感覚は
人々の目につきやすく


訴求力のアップが見込めます。