デジタルサイネージワールド

デジタルサイネージを愛する男、ミツのデジタルサイネージ活用法を妄想・空想レベルで。

LEDビジョンはピッチ選定が重要よ!ありがとう。


こんばんワ!
矢野ミツルです。


今日からブログのヘッダと
背景イメージを変えました。


モチーフはもちろん!


f:id:yamato-mitsumoto:20190425200502j:plain


矢野通選手です💛


さて昨日は…
4ミリピッチのLEDをトラスに組みましたが、


f:id:yamato-mitsumoto:20190425200726j:plain


今日は6ミリピッチを
仮組みしてみました。


f:id:yamato-mitsumoto:20190425200820j:plain


写真を撮った距離は
そんなに変わらないけど、


ツブの間隔が、6ミリの方が
広いでしょー。


これ、LEDビジョンを設置するときに、
かなり重要な項目なんす。


LEDビジョンは診る人とビジョンの
位置関係によりピッチを選定します。


例えば、ビルの屋上。


https://yamato-signage.com/ymt/wp-content/uploads/2018/12/R.jpg


こんな場所だと通行人と
ビジョンの間にかなりの距離があります。


こういう場合はピッチが広くてもOK!


その距離が近くなるほど、
ピッチを狭くしないとねー


画像が粗すぎて
わけわからんくなるんすよねー。


https://yamato-signage.com/column/yws/wp-content/uploads/2019/04/IMG_4590-768x576.jpg


コレ「橋」って漢字なんだけど、
近くで見ると潰れて見える(汗


一般的にピッチ×1100mm離れると
最低適正視認距離になるといわれています。


例えば4mmピッチなら4.4m、
6mmなら6.6mってとこですね。


今日はオチがありません。
ありがとー!


またね。