デジタルサイネージワールド

デジタルサイネージを愛する男、ミツのデジタルサイネージ活用法を妄想・空想レベルで。

【輝度】1500カンデラと400カンデラの違い

プロレス界はキャラが命です!
本当はすげえ実力者なのに…


キャラを演じ切る
レスラーが沢山います。


f:id:yamato-mitsumoto:20181108192219j:plain


矢野通(やの・とおる)選手。


学生時代はアマレスの世界で
全日本を制すなど


その実力は折り紙付きです。


そんな彼は今
異様な明るさを放ち


そのキャラを演じています……。


矢野ミツルです。
きょうもこんばんワ!


さて今日はサイネージの
明るさのハナシ。


サイネージは置く場所によって
その輝度(明るさ)が大切!


ってことを何度か
お伝えしていますが…


この2つのディスプレイ
どっちが明るく見えますか?


f:id:yamato-mitsumoto:20181108193230j:plain


あんまり変わらないよねぇ?
ではこれは??


f:id:yamato-mitsumoto:20181108193326j:plain


うぅむ…
あきらかに左が明るい☀


これ、周りの明るさを変えただけ。
ビミョーな違いにしか見えませんが


直射日光の下だと
かなり顕著にその差が現われます。


👇その模様はコチラから
digital-signage.hatenablog.jp


左のディスプレイは輝度が1500カンデラ。
右は400カンデラです。


暗闇だとその差は分かりにくいんですが
周りが明るいほど見え方に差が出ます。


要するに、路地裏などの
薄暗~ぃ場所にサイネージを置く場合


それから居酒屋さんとか
夜間しかサイネージを使わない業種


そのような場合は輝度が低い
サイネージでも大丈夫です!


f:id:yamato-mitsumoto:20181108194146j:plain


ね。


でも…日中炎天下の下で
サイネージを使う場合は輝度に注意です。


輝度が低いと周りの明るさに
ディスプレイの明るさが負けてしまいます。


そんなサイネージを
つかまされた日にゃ…


OH MY GOD ! です…


f:id:yamato-mitsumoto:20181108194741j:plain


またね!