デジタルサイネージワールド

デジタルサイネージを愛する男、ミツのデジタルサイネージ活用法を妄想・空想レベルで。

【輝度】サイネージディスプレイの輝度について


9番セカンド、ミツです。
今日もこんばんワ。


f:id:yamato-mitsumoto:20180919183829j:plain


8番キャッチャー、木戸!


阪神暗黒時代を支えた
名キャッチャー。


甲子園のカクテル光線に照らされて…
バッターボックスで輝いております。


そういえばナイターの照明って
スゲー明るいよね。


ちょっと調べてみたんだけど、
内野で1000ルクスの明るさなんだって。


明るさを表す単位はルクスをはじめ、
カンデラ、ルーメンなんてのがあります。


サイネージは一般的に「カンデラ」
という単位を用いて、


木戸…じゃなかった、
輝度(きど)というもので
その明るさを表現します。


昔さらっと記事にしましたが👇
※コレ、自信作w 読んで!


digital-signage.hatenablog.jp


ルーメンとは光源の明るさ。
スタジアムで言うと照明そのもの。


ルクスとは光が当たっている場所の明るさ。
要するにグランドね。


では、カンデラとは?


光源と光を浴びている場所の
通り道の明るさを示すんですね。


f:id:yamato-mitsumoto:20180919190241j:plain


なんか…めんどくさいw


ちなみに甲子園の内野、1000ルクスは
カンデラで言うと4000だそうです。


さて、ではカンデラ値の違いによる
サイネージの明るさを比較してみます。


f:id:yamato-mitsumoto:20180919190611j:plain


左:450カンデラ
右:2500カンデラ となっております。


直射日光の下だと低輝度ディスプレイは
著しく視認性が低下します。


中間の1200カンデラはこんな感じ👇


f:id:yamato-mitsumoto:20180919190818j:plain


室内や夜間なら
輝度が低くてもいいんだけど、


昼間の屋外はやはり
高輝度じゃないと見えないっす。


ということで、直射日光下で使うサイネージの
輝度は高い方がよい!


木戸の打率は…


f:id:yamato-mitsumoto:20180919191350j:plain


低い!!


またね!