デジタルサイネージワールド

デジタルサイネージを愛する男、ミツのデジタルサイネージ活用法を妄想・空想レベルで。

クレーム対応!


ミツです。
デジタルサイネージのレンタル。


今回は失敗談です…
ご依頼は屋外でのサイネージ使用。


屋外でデジタルサイネージを使う場合は
防水はもちろんのこと


モニターの「輝度」というものが
ポイントになってきます。


いわゆるモニターの明るさです。


輝度の低いサイネージを
昼間外に出しますと…


f:id:yamato-mitsumoto:20180512120436j:plain


日陰でもやや見えづらい。
日向ならスゲー見えにくい!


だから高輝度のサイネージを
使うべきなんですが…


当然コストも高くなっちゃいます。


だから屋外使用時のご提案の際は
例えば…


■輝度600カンデラモデル 10,000円
※テント下等の日陰であればある程度の視認性を確保します。


■輝度2500カンデラモデル 50,000円
※直射日光下でも視認性を確保します。


さて、どちらにしましょうか?


なんて案内をしたんですが
お客様はコストも考え、


輝度600カンデラを選ばれました。


しかし!お客様が実際に
設置してみたところ…


かなり見えづらいから
機械を交換してほしい!って…(汗


これ、わたすの案内ミス。


「ある程度の視認性」
コレがあいまいだったために、


ご迷惑をおかけしました。
次からは止めんといけんね。


…ってことで!
交換してきました2500カンデラ!


f:id:yamato-mitsumoto:20180512121649j:plain


炎天下でも見えやすい!


後ろの高輝度LEDビジョンにも
勝るとも劣らない!


でも…


f:id:yamato-mitsumoto:20180512121933j:plain


ちょっとデカすぎた!?
テントがめくれております。


そこはご愛嬌ということで…


でもほんとすごいよね
2500カンデラ。


良かったらぜひ。


またね。