デジタルサイネージワールド

液晶やLEDモニターのサイネージ活用法、システムや配信コンテンツ、設置事例も網羅するデジタルサイネージの総合ブログ。

デジタルサイネージの「解像度」って何!?


まぁ、あのぉ〜。


デジタルサイネージの
2大巨塔と言えば…


液晶とLED!!


f:id:yamato-mitsumoto:20210618114213j:plain


パッと見、いったい何が違うの?
って感じもしますが、


まぁー、全部の違いを羅列したら
スゲー長くなるんで、


今日は「解像度」の違いについて
説明していきますよぉ〜。


例えば家電コーナーのテレビ売り場で、


✅フルハイビジョン(2K)
✅4K
✅8K


とかって表記を
見たことありますよねぇ〜。


基本的にこれは液晶における
解像度の概念なんです。


液晶ディスプレイは
小さなドットの集合体でできています。


f:id:yamato-mitsumoto:20210618115551j:plain


要するにツブツブが細かくて
2K→4K→8Kというように、


数字が大きくなるにつれて
粒の密度が濃くなるってことなんよ。


密度を濃くすることで
より表現力が高くなるの。


でね、まぁ〜LEDもですね
同じドットの集合体ではあるんだけど、


f:id:yamato-mitsumoto:20210618115947j:plain


粒の間隔が広い!


LEDのドットも密度の薄い、濃い
はあるんだけど…


液晶と同じサイズで粒の数を比較すると
全然勝負にならんくらい少ないw


ってことは?LEDはですねぇ〜
表現力が乏しいってことなんよ。


なので解像度に限定して
優劣をつけるとしたら、


明らかに液晶の方が優れている
ということができるんよね。


あくまで一般論ですが…


液晶=綺麗(高精細)
LED=汚い(画像が粗い)
※汚いって表現はちょっと微妙だけどw


という考え方となります。
まぁウチの夫婦と同じようなもんです…


奥さん=綺麗✨
ダンナ=汚い💦


では、また。