デジタルサイネージワールド

デジタルサイネージを愛する男、ミツのデジタルサイネージ活用法を妄想・空想レベルで。

節度と通行人への配慮を!


こんばんは、ミツです。
ミツと呼んでください!


ミツ―!


ありがとうございます。


今日はここオカヤマでも
荒れ荒れの天気でした。


滅多に降らない雪がちらついたり、
とにかく風が凄かった!


f:id:yamato-mitsumoto:20180109173112j:plain


屋外の販促物はこの「風」に
注意が必要です。


特にご注意願いたいのが
のぼりなんですね。


あくまで個人の偏見なんですが、
この「のぼり」ってのがあんまり好きじゃない。


f:id:yamato-mitsumoto:20180109173418j:plain
画像と本文は関係ありません


派手なのはいいんだけどね…
街の景観を損ねるような気がして。


それ以上に嫌なのがね、
どうも道路沿いぎりぎりに設置する
お店が非常に多いのよ。


f:id:yamato-mitsumoto:20180109173713j:plain
画像と本文は関係ありません


これ、今日みたいな強風のときは
歩行者や自転車乗ってる人は結構邪魔よね。


なびいてるだけならまだしも…


時にはポールが強風で折れてしまい、
通行の邪魔になったり、


旗だけどっか飛んでったりね…


f:id:yamato-mitsumoto:20180109174015j:plain
これも本文とは関係ありません


折れたポールが道路に倒れており、
自転車が夜間それに気づかず接触してしまって…


自転車が転倒し人が大けがしてしまった。
なんてことが実際に起こっています。


それってだれの責任になると思う?


のぼりは節度ある設置をお願いしたいものです。
という個人の感想です。


さて、こんな風の強い日でも
安心して販促できるのがサイネージです。


f:id:yamato-mitsumoto:20180109175844j:plain


のぼりでゴチャゴチャ感を出すのも
販促技のひとつなんでしょうが、


デジタルサイネージに切り替えて
スマートな販促もいいんじゃないでしょうか?


この記事をのぼり屋さんが
見ないことを願います…(笑)


またね!





これもね☟
digitalsignage.hatenablog.jp