デジタルサイネージワールド

デジタルサイネージを愛する男、ミツのデジタルサイネージ活用法を妄想・空想レベルで。

簡単なプロジェクションマッピングなら現実的!?

こんばんは、ミツです。


大きな映像でインパクトを
与えるには…


大型のマルチモニターや
LEDビジョンなど、


いろいろありますが、
忘れちゃいけないのが…


プロジェクたーを利用した
映像配信です。


そうです、
プロジェクションマッピング!


大規模なものになると
コストも莫大にかかってしまいますが、


簡単なものなら
コストもさほどかからず、


注目される存在になるかもしれません。


f:id:yamato-mitsumoto:20171230233129j:plain


プロジェクターから
映像を投影します。


f:id:yamato-mitsumoto:20171230233208j:plain


基本的にスクリーンは
白っぽい色が良いでしょう。


形は画像のような球体みたいに
決して平面である必要はありません。


逆に立体のほうが面白い
プロジェクションマッピングになりそうです。


f:id:yamato-mitsumoto:20171230233455j:plain


白い球体をたまごに見立て、
中から恐竜が生まれる!


そんなプロジェクションマッピングです。


この規模であれば
そこまでコストもかかりません。


一般の施設や店舗でも
試してみてもよいかもしれません。


しかし!
注意点がひとつ…


屋外のプロジェクションマッピングは、


夜限定です。


昼間はほとんど効果なしなので、
ご注意を!


夜間のアピールに
プロジェクションマッピング。


考えてみてはいかがでしょう?