デジタルサイネージワールド

デジタルサイネージを愛する男、ミツのデジタルサイネージ活用法を妄想・空想レベルで。

デジタルサイネージモニターとは?


こんばんは、ミツです。
ミツと呼んでくださーい!


ミツー!


ありがとうございます。


さて、今更ながらなんですが
屋内用のデジタルサイネージとして、


テレビを使われている
店舗さんも多いかと思います。


f:id:yamato-mitsumoto:20171225181016j:plain


屋内の場合はテレビでも
十分にその役割を果たします。


ただし、懸念材料として液晶面が
むき出しになっていることが挙げられます。


要するに液晶面が衝撃に弱い
ということが言えます。


また動画や静止画スライドショーの
リピート再生をしたい場合は、


別途プレーヤーを接続する
必要があったり、


若干画面が暗く感じたり…
モニターを縦置き出来なかったり…


その懸念点を改善したものが
デジタルサイネージモニターです。


f:id:yamato-mitsumoto:20171225181756j:plain


まずサイネージモニターは写真のように
縦置き使用することができます。


そしてテレビよりも強めの明るさで
目立ちやすくなっています。


テレビは長時間視聴しても
目が疲れにくいように、


若干明るさを抑え、目に負担が
かかりにくい明るさになっています。


モニターには再生ソフトが
内蔵されている場合が多いです。


f:id:yamato-mitsumoto:20171225182329j:plain


テレビのようにSTBやDVDプレーヤーなど
後付けしなくても、


モニター本体に直接USBやSDを
挿し込むことでリピート再生が可能になります。


f:id:yamato-mitsumoto:20171225182513j:plain


スライドショーのトランジション(切り替え効果)
が設定できたり、


f:id:yamato-mitsumoto:20171225184359j:plain


USBやSDの入力ポートは盗難防止のため
ロックが付いています。


f:id:yamato-mitsumoto:20171225184516j:plain


液晶面はむき出しではなく
強化ガラスで保護されています。


少々の衝撃では液晶が
壊れることはありません。


それなりの装備になるため
テレビよりは値段が上がります。


ただ、使いやすさや安心感の面においては
テレビの比ではありません。


コスト面でテレビを使うもよし、
長く安心して使うならサイネージ専用モニター。


思案のしどころです!






digitalsignage.hatenablog.jp