デジタルサイネージワールド

デジタルサイネージを愛する男、ミツのデジタルサイネージ活用法を妄想・空想レベルで。

LEDビジョンの構造


最近おすすめのLEDビジョン!


屋外のビル屋上や壁面などが
メインの設置場所だったのですが、


近年は屋内に設置するケースも
増えてきました。


f:id:yamato-mitsumoto:20171130201749j:plain


屋内で使用するLEDは
急と球の幅(ピッチ)を狭めることで、


至近距離で見てもある程度
高精細に視聴できるようになっています。


そんな屋内用のLEDビジョンのレンタルも
ヤマトサイネージでは行っています!


yamato-signage.com


さて先日、こんな光景を目にしました。


f:id:yamato-mitsumoto:20171130202320j:plain


LEDビジョンの一部が
映らなくなっている!


液晶じゃこんなことは
おこらないんですが、


なんで?って思うでしょ?


LEDビジョンは液晶と違い、
一枚ものじゃないんです。


ユニットに分かれていて
それを組み合わせることで、
大きなビジョンに仕上げていきます。


なので、一部のユニットが不良を起こすと、
このような現象がおこります。


☟の画像のようにユニットを組み合わせていくことで、
 ひとつの大きな画面になっているのですね!


f:id:yamato-mitsumoto:20171130202759j:plain





こちらも見ておくんなまし。
digitalsignage.hatenablog.jp