デジタルサイネージワールド

デジタルサイネージを愛する男、ミツのデジタルサイネージ活用法を妄想・空想レベルで。

SIGN CHINA 2017へ行ってきます


海外へのあこがれはあるんですが…
飛行機が好きじゃない(笑)


でも!


世界の最先端を
この目で確かめるべく、


行ってきます、上海。


f:id:yamato-mitsumoto:20170919165923p:plain
第十五届上海国际广告展 SIGN CHINA 2017 > Home


実はデジタルサイネージってやつは
中国(特に深センや上海、香港など)が
最先端を言ってる感じなんです。


意外でしょ?


日本のサイネージは1歩2歩
遅れている感じです。


ではなぜ中国なのか?
って話ですが、


デジタルサイネージに使われるモニター
は韓国製が多いんです。


日本の大手家電メーカーのテレビも
あたかも自社製って雰囲気だけど、


実は液晶パネルに関しては
韓国製のものを使用しています。


「生パネル」って言ったりします。


それを国内で加工して
自社ブランドにするわけですね。


ちょっと逸れましたが、


デジタルサイネージは、そのパネルに
筐体が必要になってきます。


f:id:yamato-mitsumoto:20170919171102j:plain


いわゆるボディのことですね。


中国メーカーは韓国から
日本メーカーも採用する、


信頼性の高い生パネルを仕入れ、
オリジナリティあふれる筐体に組み込み、
デジタルサイネージにするわけです。


地理的にも近く、配送コストも安いし
労働賃金も決して高くないため、


割と安価で外国にに輸出できるわけです。


ということで、今日はここまで。
明日はどうなることやら…(汗


飛行機が落ちなければ、
明日も更新予定です。


怖いな…。