デジタルサイネージワールド

デジタルサイネージを愛する男、ミツのデジタルサイネージ活用法を妄想・空想レベルで。

サイネージレンタルのネックその①


展示会、どうせ出るなら
ど派手なインパクトで、


他のブースに差をつけろ!
ってことで、


巨大サイネージ
展示したわが社。


f:id:yamato-mitsumoto:20170915015152j:plain
巨大長介


インパクトは十分!
効果もかなり感じました。


しかし、ネックも
当然あります…。


ブースの設営は当然
自分たちで行いました。


ひとつ、困ったことが。


大型で目立つ=配送が大変


あらためて配送業者さんの
偉大さを知ったわけです。


デジタルサイネージの
レンタルサービス。


yamato-signage.com


遠方のお客様の場合は
配送業者さんへ輸送の依頼を
させていただく場合もしばしば。


特にサイネージのような
大きな荷物は、


運送会社さんによって
規制が様々です。


例えばY運輸さんは
横幅×高さ×奥行の3辺合計が
200センチ以内。


これが通常便で運んでくれる、
サイズの上限です。


それが佐川急便さんだと、
260センチ以内。


f:id:yamato-mitsumoto:20170915020929j:plain


各社によって
扱いが違います。


ってかご存知の方も
多いかと思いますが…


例の「アマゾン事件」以降、
Y運輸さんは運賃の値上げ然り、


サイズ規制などもかなり
きつくなってきました。


今まで運んでくれていたものが、
受付してくれなくなったのです。


ちょっとツラ目です。


今回レンタルに旅立つ
55インチモニターですが、


梱包サイズは横130センチ、
縦70センチ、奥行き15センチ。
3辺合計が200センチを超えます。


f:id:yamato-mitsumoto:20170915021531j:plain


すなわちY運輸さんは
配送NGなので、


佐川さんなり対応してくれる
業者さんを探さなければいけません。


レンタルサイネージの
配送問題…。


案外、これがネックだと
感じる今日この頃。


もっとスムーズにレンタル利用が
いただけるように、
私たちも考えていきます。


またね!