デジタルサイネージワールド

デジタルサイネージを愛する男、ミツのデジタルサイネージ活用法を妄想・空想レベルで。

そもそも…なハナシ


テレビとデジタルサイネージ。
そもそも何が違うんじゃろ?


f:id:yamato-mitsumoto:20170830195405j:plain


って考えたんだけど…
はっきり言ってあんまり変わらない(笑)


最近はテレビにもHDMI入力が
標準装備されていて、


PCの画面を映したり、


機種によってはUSBや
SDカードの入力があったりします。


それってサイネージモニターと
同じじゃん。って思うのです。


じゃぁ何が違うのか?
ちょっとだけ説明します。


www.youtube.com


※輝度の違い


輝度とはモニターの明るさのことです。


テレビモニターは一般家庭での視聴を
前提に作られています。


適度な明るさで、長時間見ても
目が疲れにくい明るさです。


業務用のサイネージモニターも
テレビと同じくらいの輝度もありますが、


より訴求力を上げるため、
明るいモニターを使用することが多いです。


テレビモニターは大体400~500カンデラ
という明るさです。


サイネージモニターは
テレビよりやや明るい700カンデラや、


1000カンデラ、1500カンデラ…
2500カンデラなんてのもあります。


※テレビは屋外で使えない


当たり前ですがテレビは外じゃ使えません。
雨に濡れると壊れます。


また、屋外のカンカン照りの
太陽の下じゃ、


500カンデラ程度の明るさだと
画面が暗くて見えないんです。


直射日光の下でスマホを見ると
見えにくい…あの感覚です。


屋外用のサイネージモニターは
太陽の光に負けない明るさ、


また防水対策された
ケーシングを行います。


真夏の灼熱、冬の寒波が訪れても
耐えれるように、


空調装置が付いたりしています。


★★★★★★★★★★★★★★★


更なる違いももちろんありますが、
簡単に言えばこんな感じです。


ということは、わざわざ業務用の
デジタルサイネージを買わなくても、


屋内で簡単にローコストで
情報配信したいなら…


今持ってるテレビモニターを
使うってのも手よね。


こんなのがあります↓


yamato-signage.com


実は意外と簡単に
「デジタルサイネージ」が出来ちゃいます。


これなら導入コストも…


ちょっとだけよぉ~💛