デジタルサイネージワールド

デジタルサイネージを愛する男、ミツのデジタルサイネージ活用法を妄想・空想レベルで。

屋外デジタルサイネージで注意すること


ちょっと痛い
デジタルサイネージです。


f:id:yamato-mitsumoto:20170819175703j:plain


これ、故障じゃないです。


画面が暗すぎて遠くからじゃ
見えないんです。


「やっちまった」って感じです。


ってか、販売元の
業者さんに…


喝!!


あきらかにモニターの
明るさが欠如しています。


f:id:yamato-mitsumoto:20170819181225j:plain


やっぱりこれぐらい見えなきゃね。
これはモニターの輝度(明るさ)が
2500カンデラ。


ちなみに、見えない方が
700カンデラという輝度。


設置場所考えたら、
プロなら絶対に勧めない輝度。


そしてもう一点。
もう少し近くに寄ってみます。


f:id:yamato-mitsumoto:20170819181516j:plain


画面に何か写ってますが…


ただの反射じゃん!!


f:id:yamato-mitsumoto:20170819181648j:plain


これは鏡ですか!?
サイネージですか!?


苦笑。


低反射ガラスを使うとか、
フィルムで対策するとか、


なんかあるじゃろ…


こういう意味のない
デジタルサイネージ見ると、
悲しくなってくるね。


まったくお客さんの
お役立ちになっていない。


儲かったのは
イカ様サイネージ販売した
業者だけってか?


※個人の感想です。