デジタルサイネージワールド

デジタルサイネージを愛する男、ミツのデジタルサイネージ活用法を妄想・空想レベルで。

酒場の〇〇とは?


真夏の風物詩、金魚。


www.youtube.com

金魚 金魚

酒場の隅で

マッカッカ


酒場で飼われている
金魚からみた人間模様を描いた
名(迷)曲です!


酒場といえば赤ちょうちん。


f:id:yamato-mitsumoto:20170818181137j:plain


遠目からでも目立つ
酒場のトレードマークです。


最近は大衆酒場も
おしゃれな雰囲気なところが増え、


赤ちょうちんを置く店も
減ってきたというウワサ。


何とも味があって
好きなんだけどね。


「時代」ですね。


そんな赤ちょうちんが
目立つというのも夜の話。


暗がりにぼんやりと明かりが
点くからこそ目立つんです。


今はどの店も広告合戦。


赤ちょうちんに変わり
イーゼルスタンドにメニュー表を掲げ、
ライトで照らしたり…


f:id:yamato-mitsumoto:20170818183043p:plain


ネオン看板になったりね。


そしてデジタルサイネージを置く店も
増えてきました。


f:id:yamato-mitsumoto:20170818183532j:plain


でもね…


どこのサイネージ映像見ても
料金表だったり、


メニュー表だったり…


つまらないんだよね。


せっかくデジタルサイネージ
置くんだったら、


それだけじゃあまり
意味がないのよね。


じゃぁ何を流せば
お客さんの心をつかめるか?


お店視点で考えるんじゃなくて、


お客さん目線で考えてみれば
おのずと答えは出てきます。


ただ…


どこもそんなことやってないから
勇気が出ないんですよね多分。


そういう保守的な考えじゃ
何も変わりません。


何も変わらなければ、
どーせ誰も見やしません!


そんなんなら…
原点に戻って「赤ちょうちん」


そっちの方がまだ効果あるかもね。


ここで一句。


赤提灯
 酒場の前で
  マッカッカ


アハ!