デジタルサイネージワールド

デジタルサイネージを愛する男、ミツのデジタルサイネージ活用法を妄想・空想レベルで。

LEDビジョンの費用感について

テレビ<デジタルサイネージ<LEDビジョン


同じサイズの画面で考えた時に
このような価格の構図になります。


f:id:yamato-mitsumoto:20170605202644j:plain


ビルの屋上や壁面など
繁華街ではよくLEDビジョンを
見かけます。


f:id:yamato-mitsumoto:20170605193944j:plain


スタジアムなんかでは
巨大なものもありますね!!


LEDビジョンに関しては
以前にも簡単な記事を書きました。


digital-signage.hatenablog.jp


液晶と比べ、LEDのメリットは


☑格段に明るい
☑耐久性に優れている
☑光の反射が少ない


という点が挙げられます。


ただ、近くで見ると
過去の記事で紹介したように、


f:id:yamato-mitsumoto:20170605195505j:plain


ツブツブに見えちゃいます。
このツブの幅を”ピッチ”といいます。


コレでもビルの屋上とか
遠目に見るときれいに見えるんです。


逆に近くで見ると
ぼやけてきれいに見えません。


f:id:yamato-mitsumoto:20170605195753j:plain


なので基本的には
ビル2~3回以上の壁面や屋上
などへの設置に適しています。


店舗看板では”ビジョン”と言うよりは
文字だけ流す、”掲示板”的
使い方が多く見られます。


f:id:yamato-mitsumoto:20170605200312p:plain


LEDビジョンの場合は
既製サイズもありますが、


大型のビジョンを設置する場合には


f:id:yamato-mitsumoto:20170605200722j:plain


タイルカーペットのように
小さなLED版を何個も組み合わせます。


屋外用の場合は
320ミリ×320ミリの
スクエアが基本です。


これを希望サイズに合わせて
組み合わせていくのです。


なので例えば
縦3.2m、横3.2mのビジョンを
設置したいとしたら…


縦10枚、横10枚で
掛け算すると、


合計100枚のLED版が
必要になるわけです。


また、それだけの枚数を
制御しようとすれば、


システム構築にも
結構な金額がかかります。


そしてもうひとつ…


設置工事費!!


f:id:yamato-mitsumoto:20170605201647p:plain
http://izawaoffice.jp/nakamoto


コレもバカにはなりません。


ビル壁面に設置しようものなら、
高所作業車の段取り、


作業員の確保、
道路の使用許可、
ガードマン…etc


とてつもない費用が
発生します。


なので繁華街でよく見る
大型のLEDビジョン。


設置までに
1,000万はくだらない…(汗


と思っていただいて
間違いはありません。


お問い合わせをいただいて
「なんでそんなに高いんじゃ!」


といわれることも
しばしばございますが…


わかって下さい。
LEDは高いッス(笑)


でもね、その効果は
スバラシイです。


1,000万の元なんて
すぐ取れるはず!!


でも、やっぱ高いね。