デジタルサイネージワールド

デジタルサイネージを愛する男、ミツのデジタルサイネージ活用法を妄想・空想レベルで。

サイネージモニターの解像度って何さー?

ドット。


悪魔が出たらザンネン!!
f:id:yamato-mitsumoto:20170601204347p:plain


天使が出たら…やばいよ❤
f:id:yamato-mitsumoto:20170601204439p:plain


よく見ると、画像はひとつひとつの
ドット(点)から成り立っています。


テレビやサイネージのモニターも
このドットで映像を映しています。


ドットの間隔が広ければ
粗い画像になり、


間隔が狭くなればなるほど
高精細な画像になります。


f:id:yamato-mitsumoto:20170526195734j:plain


デジタルサイネージの液晶は
テレビと同じです。


最近は4K対応テレビが
発売されていますが、


デジタルサイネージも
同じように4K対応してきています。


ただし「4K対応」とはいえ
ハードが良くなるばかりで、


肝心のコンテンツが
追いついていません。


だって、せっかく4K対応の
テレビを買っても…


地上波テレビも
BSも、4K放送じゃないじゃん!!


CSの一部で試験放送
してるくらいのもんだデ。。


サイネージもそう(汗


モニタは対応していても
4Kコンテンツを作れるソフトがない!


だから…
そのうち追いついてくるんだろうけども、


今、高いお金を出して
4K対応モニターを買うのも
いかがなものだろう、と思うのです。


液晶の解像度というものは
要はドットの数で決まります。


f:id:yamato-mitsumoto:20170601210454p:plain


よく聞く「フルハイビジョン」は
1920×1080という解像度です。


デジタルサイネージモニターの
ほとんどもそれに当てはまります。


概念は若干違いますが、
デジカメなどで「画素」
なんて単位をご存知かと思います。


1920×1080=2073600


フルハイビジョン映像は
いわば”207万画素”
とも言えるわけです。


4Kはというと…
3840×2160=8294400


829万画素ってことになります。
フルHDの4倍です!!


ただ、受け皿(モニターサイズ)が
小さいと、


あまり解像度が高くても
意味がありません。


ドットが飽和状態に
なるわけです。


なので、大画面モニターこそ
高解像度のものを選びましょう。


でもさっきも書いたように、
今4K対応モニターを買っても、


その良さをほとんど
体感できんのよね。。


ファンキーなドクターさん!


早く4K対応コンテンツを
作れるようにしてほしいの!


お願いね。


f:id:yamato-mitsumoto:20170601212222p:plain