読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジタルサイネージワールド

デジタルサイネージを愛する男、ミツのデジタルサイネージ活用法を妄想・空想レベルで。

自立型デジタルサイネージの箱をオリジナルで


デジタルサイネージには
色々な設置方法があります。


壁に掛けるタイプ、
イーゼルスタンドに組むタイプ。


そして筐体と一体化した
自立型タイプなど、


様々な設置方法があります。


そして、今日注目したいのは
自立型の筐体(箱)です。


f:id:yamato-mitsumoto:20170417191248j:plain
自立型サイネージ(イメージ)


これはモニターを横置き
にしたタイプです。


ホワイトカラーで
清純な感じがします。


f:id:yamato-mitsumoto:20170417191607j:plain
(イメージ)


これも横型モニターですが、
筐体カラーはブラックで
シックな感じです。


f:id:yamato-mitsumoto:20170417191739j:plain
(イメージ)


モニターが縦置になると、
筐体の背も高くなり、
存在感が増します。


しかし、このように
落ち着いたデザインが殆どで、
面白みがないような気がします。


車だって色んなデザインや
カラーがあるみたいに、


デジタルサイネージも
デザインやカラーが
楽しめると良いですよね。


その点外国だと・・・


f:id:yamato-mitsumoto:20170417192904j:plain


こんなのや、


f:id:yamato-mitsumoto:20170417192916j:plain


こんな感じの
奇抜なものもあり、
楽しそうな気配がします。


ただ、日本国内の
既製品ではこのようなものが
ありません。


だとしたら…


あなただけのオリジナル筐体を
オーダーするという
やり方があります!!


人の目を引くには
デザインやカラーも重要です。


ヤマトサイネージでは、
オリジナルの筐体作成も可能です。


オンリーワンの筐体で
超目立つサイネージ!!


楽しいかも~❤