読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジタルサイネージワールド

デジタルサイネージを愛する男、ミツのデジタルサイネージ活用法を妄想・空想レベルで。

悔しさの表現をサイネージコンテンツに活かす


学生時代は広島の呉
という街で過ごした。


広島といえば平和への
意識が高い地域である。


youtu.be


いやー、平和について
たまには考えてみるのもね。


いいかもね。


学生時代を一緒に過ごした
ある青年(もうオヤジか!?)の、


本気で悔しいというか・・
やるせない思いというか、


非常にストレートな
感情表現を目の当たりにした。


”思いを素直に伝えること”
それは危険な要素をはらむこともある。


だからオブラートに包んで
やんわり伝えたり、


お化粧をして本当の言葉で、
伝えないようにすることが多い。


だからこそ・・・・


飾り気のない本質の
心の叫びはグサッと来るし、


ある人にとっては
とても重要な言葉であり、


またある人には
危険な言葉にもなり得る。


だから何だ!!(笑)


でもね・・
どっちにしろ、


心に残ることは
間違いない。


f:id:yamato-mitsumoto:20170325184446j:plain


デジタルサイネージなどの
広告コンテンツ。


考えすぎて
ごちゃごちゃしすぎて、


お化粧塗りたくって・・


本質を見失って
いませんか??


物事をストレートに
表現するコンテンツ。


案外心に残るかも。


「買ってください!!」
とか(笑)


しかし前述したように
あまりに直球表現は、


敵を作ってしまう
リスクが有るよね。


いやぁ~


やっぱり平和が
いいかなー??


あなたなら
どうする??