読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジタルサイネージワールド

デジタルサイネージを愛する男、ミツのデジタルサイネージ活用法を妄想・空想レベルで。

デジタルサイネージは明るすぎてもダメよ!

こんにちは!


昨日ブログで「RE:BORN]ネタを
書いたのに・・・忘れとった!!


ウチのホームページも
リボーンなの。


yamato-signage.com


よろしくね!


ってことで、ミツです。
今日は土曜日!


ゆるネタの日です。


皆さん、テレビの画面が
めっちゃ明るかったら
嫌ですよね??


✅まぶしい
✅見えにくい
✅目に悪い


デジタルサイネージにも
同じことが言えます。


確かに”目立つ”って
意味では


明るいに越したことは
ないんじゃけど、


それじゃ見る人のことを
ちゃんと考えてないよね?


広告には景観を守るってことや
通行人を不快にさせないって


気遣いも必要ですよね。


f:id:yamato-mitsumoto:20161105133604j:plain
屋外用デジタルサイネージ推定1500カンデラ


明るさの単位で輝度(カンデラ)
というものがあって、


i phoneなんかの明るさを
MAXにして大体500カンデラ、


テレビが1000カンデラ前後
だと記憶しています。


でも、外だとスマホの画面が
見えにくい時ありますよね?


多分直射日光の下では
テレビも見えにくいはず。
(外じゃTV見ないけどね)


だから屋内用の
デジタルサイネージは


大体300~700カンデラほどの
輝度で十分なんです。


逆に屋外だとそれじゃ
見えにくいので、


推奨は1200カンデラ
以上になります。


でもね、明るすぎると
前述したようなことから、


通行人の妨げに
なる可能性がある!


5000カンデラの
デジタルサイネージって・・・
(出たんですよね、これが)


スマホの10倍の明るさ!!


まぶしすぎて
使い道ないでしょ!?


ってか迷惑です!!


という個人の感想でした。


ちなみに5000カンデラ
ってどのくらいまぶしいかって?


目がくらんでとても打てません!!
      ☟
www.youtube.com
(推定5000カンデラ)


またね!